KOLD S ELECTRONIC

KOLD Sはベルトドライブトランスミッション(ベルト駆動式 伝導装置)を採用。
コーヒー豆に熱が伝わることを抑制し、品質の安定を向上させたMAZZER社最高峰のハイスペックモデルです。

モデル KOLD S ELECTRONIC
ブレード CONICAL 71mm
ブレード品番 MA0561(186C)
モーター回転数 420rpm(50Hz)-500rpm(60Hz)
サイズ(mm) W240×D480×H700
重量 30kg
電源 単相100V 50/60Hz
消費電力 900W
kold_s ベルト

ベルトドライブトランスミッション

連続的にコーヒー豆を挽くとモーターが熱を帯び、コーヒー豆に熱によるストレスを与える可能性があります。 KOLD Sでは、ブレードとモーターを分離させた”ベルトドライブトランスミッション”と呼ばれるベルト駆動式の伝導装置を採用し、熱を帯びたモーターからダイレクトにブレードやコーヒー豆に熱が伝わることを抑制するので、コーヒー豆にかかるストレスが軽減されます。

kold_s_dial

挽き目調整ダイヤル

本体側面にある調整ダイヤルで、スムーズに挽き目調整が行えます。 また、上部パーツを取り外す際も以前の設定を失うことはありません。

conical_blade

コニカルブレード

立体感のある複雑な味覚表現が特徴。
モーターの回転数もフラットタイプのマシンと比較し、低速で回転するため、豆を挽く際の発熱・豆に与えるストレスを抑制します。

kold_s_el_side

本体機能など

  • 電子コントロールパネルとIoT機能を搭載。
  • 電子コントロールでのダブルファンシステム搭載で、さらにコーヒー豆の冷却を素早く。
  • 平均グラインドスピードは7g/1.4sなので、連続使用の多い繁忙店におすすめ。