MVP HYDRA

SYNESSO最上機種。
4段階の抽出圧調整と温度調整により、コーヒー豆本来の特徴を活かすエスプレッソレシピの構築が可能。
さらにグループごとに個別の抽出レシピを設定できることにより、1台で多くのコーヒー豆を取り扱うことができます。
構成されたレシピをプログラムすることで、店舗オペレーションへの以降もスムーズに行えます。
品質向上、品質安定、オペレーション性においてトータル的にバリスタのサポートを行います。

MVP HYDRA
製品名 MVP HYDRA 1gr.
コード 170011
グループ数 1
ボイラータイプ ダブルボイラー
コーヒーボイラー 1.9リットル×1
PID温度管理 0.1℃単位
抽出量プログラム 6メモリ
抽出圧コントロール 4ステージ
スチームボイラー 3.2リットル
スチームワンド クールタッチ
給湯 ○(給水Mix可)
サイズ(mm) W483 x D610 x H534
重量 48kg
消費電力 単相 200V 3,600W
電流 20A
製品名 MVP HYDRA 2gr.
コード 170012
グループ数 2
ボイラータイプ マルチボイラー
コーヒーボイラー 1.9リットル×2
PID温度管理 0.1℃単位
抽出量プログラム 6メモリ
抽出圧コントロール 4ステージ
スチームボイラー 7.7リットル
スチームワンド クールタッチ
給湯 ○(給水Mix可)
サイズ(mm) W762 x D610 x H534
重量 70kg
消費電力 単相 200V 4,860W
電流 30A
製品名 MVP HYDRA 3gr.
コード 170013
グループ数 3
ボイラータイプ マルチボイラー
コーヒーボイラー 1.9リットル×3
PID温度管理 0.1℃単位
抽出量プログラム 6メモリ
抽出圧コントロール 4ステージ
スチームボイラー 12.3リットル
スチームワンド クールタッチ
給湯 ○(給水Mix可)
サイズ(mm) W1,042 x D610 x H534
重量 86kg
消費電力 単相 200V 6,390W
電流 40A

USER FRIENDLY

リモコンによる
簡単な温度設定変更

リモコンによるコントロールで、各グループの使用する豆に適した温度と抽出圧を簡単に設定変更することが可能。

安定とタフさ重視の外付け基板

多くのマシンメーカーでは、マシン内部に格納するメイン基板を、SYNESSOではマシン外部の熱源・水供給ラインから離れた位置に設置し、電気系統の寿命を長くします。

クールタッチ スチームワンド

触っても熱くないので、やけどのリスクを著しく軽減。ミルクのこびりつきも軽減できるので、清掃が簡単で衛生的です。また、フレキシブルな位置調整も可能。

グループ専用の
エスプレッソポンプ

SYNESSOの通常機種では1台につき1個のエスプレッソポンプを搭載していますが、最上位機種HYDRAでは各グループの抽出圧を安定させるために、専用のエスプレッソポンプを搭載。

WHY USE SYNESSO

  • マルチボイラー

  • PIDコントロール

  • 抽出プログラム


  • ショットタイマー

  • Made in U.S.A